トラブル事例&お客様の声

  • トラブル事例
  • お客様の声

トラブル事例

トイレのトラブル
トイレのトラブル
トイレの水が止まらない・タンクの手洗いに水が出ない!
実は…
タンク式トイレには、二つの機能が備わっています。一つ目は、タンクの中に一定の水が貯まると浮き球が浮いて給水を止めるボールタップ(浮き球が沈むと、給水が始まる)。二つ目は貯まった水を一気に流す働きを果たすフロート弁(排水弁)です。いずれの機能が正常に働かないと、出流れになります。
ボールタップが原因と考えるもの:浮き球が、タンク壁面やサイホン管にふれて浮いてきにくくなっている。最近は、ご自分でウォシュレットを取り付けた際に、ボールタップを回転させてしまっているのを見かけます。
フロート弁が原因と考えるもの:排水口に何か異物が引っかかっており、フロート弁が開いたままになっている。フロート弁を動かす鎖が、からまって少しだけ弁が開きっぱなしになっている。レバーハンドルが上がりっぱなしになっている。
いずれの場合も、止水栓を一旦止めて上記にあげた状況を観察してください。ボールタップが原因の時は、水が貯まっており、フロート弁が原因の時は、ふたを開けた時タンクに水が貯まっていません。
様々な原因が考えられますので、一度拝見させてください。
トイレのトラブル
トイレが流れない!
実は…
硬い便や紙を沢山流してしまった場合にも、トイレをつまらせることがあります。一時的な問題なので、一度流れ出すと心配はないでしょう。市販の簡単な道具で直される方もいらっしゃいます。ただし、繰り返し流れが悪い場合、異物が便器の中に入り込んでしまっていたり、配管が詰まったりしている場合が考えられます。
長期にわたる場合は、お早目にお電話ください。
トイレのトラブル
トイレの床が濡れる!
そんなときは…
まず濡れる状況を特定しましょう。使用して濡れるのか?使用に関係なく濡れるのか?によって、様々な原因が考えられるからです。
特に最近増えている水漏れの原因が、ウォシュレット(温水便座)です。
使用することで濡れる場合は、よく「便器と床の間から漏れてくる」とお電話いただきます。実際にお客様先で拝見すると、タンクからの漏れ・タンクと便器の間・ウォシュレットからの漏れが確認される場合があります。
排水が漏れている場合は、便器ががたついていることがよくあります。まずは濡れている箇所をよくふき取り、観察してみてください。これらの不具合は自然と直ることはないばかりか、二次的被害まで起こしかねません。トイレの床が濡れていると、衛生面・安全面においても良い影響は与えません。
安心してトイレを使用できるように、不具合の際はお早めにご相談ください。
トイレのトラブル
ウォシュレットの水漏れ故障!
実は…
生産終了後7年くらいは、部品交換による修理が可能です。それ以後の修理は、メーカーも消極的になっているように思います。人の体に直接触れる物であることと、トイレ洗剤や湿気・尿など、機械にとっての環境はよくありません。
10年前後が一つの取替時期の目安でしょう。
ページのTOPへジャンプ
蛇口のトラブル
蛇口のトラブル
蛇口が止まりにくい?
そんなときは…
調子が悪くなったら早目に修理されることをおすすめいたします。故障した状態で使用し続けると、器具そのものの取替が必要になります。
ハンドル付近の漏水は、ワンホール型(一つ穴)のシングルレバー蛇口でよく見かけます。漏れてくる箇所によりますが、おおむね緊急性は無いでしょう。
緊急性は無くても、よくなることはないので、早めの修理をおすすめいたします。
蛇口のトラブル
シングルレバーハンドルが、かたい・ぐらぐらする・おれた!!
実は…
かたい状態で使用していると、ハンドルや止水部品(カートリッジ)の破損につながります。ハンドルがぐらつく時は同時に付近が濡れてきます。
お早目の修理をおすすめいたします。
ページのTOPへジャンプ
つまりのトラブル
つまりのトラブル
排水の流れが悪い・流すとぼこぼこ変な音がする!
実は…
特に固形物を流していないのであれば、汚れが蓄積されていると考えられます。
排水管へは、汚れた水と一緒に洗剤・髪の毛・油分など、水に溶けない物が流されています。屋外にある枡を定期的に掃除する必要があります(※戸建住宅の場合)。
一度、屋外の枡をご確認ください

ご注意ください
パイプクリーナー液は万能ではありません。使用方法を間違えると、逆につまらせてしまいます。使用説明書をよくご覧になって使用してください。
少しでも流れる間にご相談ください。
つまりのトラブル
屋外の排水枡のふたの廻りが、濡れている!
そんなときは…
排水管がつまり、ふたを押し上げ濡れてきているのでしょう。
早めの修理が必要ですので、お問い合わせください。
つまりのトラブル
トイレがつまってしまった!!
実は…
トイレをつまらせる要因に、「硬い便や紙をたくさん流してしまった」場合が考えられます。
通常は一時的な問題なので、一度流れ出すと心配はありません。市販の簡単な道具でも直せるレベルです。ただし、繰り返し流れが悪い場合は、注意が必要です。異物が便器の中に入り込んでしまったり、配管がつまったりしている場合が考えられるからです。
これらの不具合が長期にわたる場合は、ぜひ当社までご相談ください。
ページのTOPへジャンプ
水漏れのトラブル
水漏れのトラブル
トイレの床が濡れる!
そんなときは…
使用することで濡れるのか?使用に関係なく濡れるのか?によって様々な原因が考えられます。
使用に関係なく濡れる場合は、止水栓付近からタンクへのつなぎ目が原因と考えられます。また、最近はウォシュレット(温水便座)からの漏れも原因の一つです。
使用することで濡れる場合は、よく「便器と床の間から濡れてくる」とお電話いただきます。実際にうかがって拝見すると、タンクからの漏れ・タンクと便器の間・ウォシュレットからの漏れが原因である場合があります。
排水が漏れてきているときは、便器ががたついていることがよくあります。濡れている箇所をよくふき取り観察してください。自然に直ることはなく、二次的被害が考えられます。
お早目の対応が必要ですので、一度拝見させてください。
水漏れのトラブル
ウォシュレットの水漏れ故障!
実は…
生産終了後7年くらいは、部品交換による修理が可能です。それ以後の修理は、メーカーも消極的になっているように思います。人の体に直接触れる物であることと、トイレ洗剤や湿気・尿など、機械にとっての環境はよくありません。
10年前後が一つの取替時期の目安でしょう。
水漏れのトラブル
蛇口が止まりにくい・ハンドルの付近が使った後濡れている!
そんなときは…
調子が悪くなったら早目に修理されることをおすすめいたします。故障した状態で使用し続けると、器具そのものの取替が必要になります。
ハンドル付近の漏水は、ワンホール型(一つ穴)のシングルレバー蛇口でよく見かけます。漏れてくる箇所によりますが、おおむね緊急性は無いでしょう。
緊急性は無くても、よくなることはないので、早めの修理をおすすめいたします。
ページのTOPへジャンプ
水道管のトラブル
水道管のトラブル
水道局のメーター検針で漏水を疑われた!
そんなときは…
検針で指摘された場合、水量が例年に比べ明らかに多いのでしょう。一般的に、漏水を見つける方法は、濡れているところは無いか?音のするところは無いか?などです。
原因の調査にうかがいますので、一度電話などで詳しくお聞かせください。
水道管のトラブル
石垣・溝が、濡れてコケが生えてきている!
実は…
宅地内の、排水管の漏水が考えられます。特に多い原因、排水枡の底から染み出た汚水です。
衛生面からもお早めの修理が必要ですので、お気軽にご相談ください。
ページのTOPへジャンプ
洗面台のトラブル
洗面台のトラブル
化粧台・流し台の中や床が濡れてくる!
そんなときは…
いくつかの原因が考えられます。水道管・給湯管が漏れる場合・排水管が漏れる場合に分かれます。
使用の有無に関係ない水漏れには、水道管・給湯管の故障があります。一般的に化粧台(※流し台には設けられていないケースもあります)の中に止水栓が設けられています。三角のハンドル・ドライバーを使って回す元栓があります。それらを右に数回回して止めることができます。その後に連絡いただければ、被害は少なくすみます。
使用することで水漏れする場合には、排水管に何らかのトラブルを抱えていることが考えられます。排水がつまっていて足元が濡れてくるケースです。その場合は、使用を止め付近の排水管のつまりも考えられますので、お早めにお電話ください。
使用時に化粧台の中が濡れる場合は、排水継ぎ目の漏れが考えられます。最近多く見られるのは、シャンプー式で、引っぱるとホースが出てくるタイプの化粧台です。ホースの継ぎ目から漏水をおこします。
いずれの場合も、ひどくなってから気が付くケースが多いので、お早めにお電話ください。
ページのTOPへジャンプ
お風呂のトラブル
お風呂のトラブル
シャワーの温度調整が、うまくいかない!
そんなときは…
給湯器の温度はご希望の温度以上の設定になっていますか?
シャワー以外の蛇口のお湯だけ開けた時に温度が低ければ、給湯器に問題があります。
サーモスタットシャワー水栓で安定した温度調整をするためには、希望温度より給湯器設定温度をプラス5度くらいに設定してください。
それ以外の場合には、シャワー水栓に不具合があると思われます。
設定をご確認いただいても直らない場合は、当社へご相談ください。
ページのTOPへジャンプ
キッチンのトラブル
キッチンのトラブル
蛇口の水が止まりにくい・ハンドルの付近が使った後濡れている!
そんなときは…
キッチンの水漏れは、衛生面にも大きな悪影響を与えます。もしも蛇口やハンドルに不具合を感じたら、早急に修理されることをおすすめいたします。もし、故障した状態で使用し続けると、器具そのものの取替が必要になるため、コスト的にも大きな痛手です。
ハンドル付近の漏水は、ワンホール型(一つ穴)のシングルレバー蛇口でよく見かけます。漏れてくる箇所にもよりますが、まず緊急性は無いでしょう。
ただし、緊急性が無いとはいえ、よくなることはないので、お早めにご連絡ください。
キッチンのトラブル
シングルレバーハンドルが、かたい・ぐらぐらする・おれた!
実は…
かたい状態で使用していると、ハンドルや止水部品(カートリッジ)の破損につながります。ハンドルがぐらつく時は同時に付近が濡れてきます。
お早目の修理をおすすめいたします。
トラブル事例&お客様の声
走る神戸の水道屋さんのサービス紹介
トイレのトラブル
トイレの水漏れ修理・タンク部品の交換・ウォシュレットの故障・便器の取替
蛇口のトラブル
蛇口の水漏れ修理・ワンレバー水栓の水漏れ修理・パッキン交換・水栓金具の取替
つまりのトラブル
トイレつまり・台所つまり・下水管のつまり修理・排水管高圧洗浄・排水管カメラ診断調査・下水枡のあふれ
水漏れのトラブル
水道パイプの水漏れ修理・給湯器水漏れ・排水パイプ下水漏れ・床下水漏れ
水道管のトラブル
排水管破損修理・給水管排水管引替・給湯配管工事・水道工事
洗面台のトラブル
シャンプー洗面台水栓漏れ修理・排水トラップ管の交換・1つレバー蛇口の水漏れ・止水栓廻りの水漏れ
お風呂のトラブル
シャワー水栓の水漏れ・シャワーホースの交換・洗い場の排水つまり・寒さ対策・ユニットバス
キッチンのトラブル
シングルレバー水栓の取替・排水の臭い調査・流し台修理・換気扇交換・コンロの取替
このようなことでお困りではないですか?水廻りでお困りの方
  • トイレの水がとまらない・タンクの手洗いに水が出ない
  • トイレが流れない
  • トイレの床が濡れる
  • ウォシュレットの水漏れ故障
  • 蛇口が止まりにくい・ハンドルの付近が使った後濡れている
  • シングルレバーハンドルが、かたい・ぐらぐらする・おれた
  • シャワーの温度調整が、うまくいかない。
  • 化粧台・流し台の中や床が濡れてくる
  • 排水の流れが悪い・流すとぼこぼこ変な音がする
  • 屋外の排水枡のふたの回りが、濡れている
  • 石垣・溝が、濡れてコケが生えてきている
  • 水道局のメーター検針で漏水を疑われた。
  • 水廻りのリフォームをお考えの方
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせからの流れ
  • 水先人
  • Facebook Page
走る神戸の水道屋さん
神戸三晃設備工業株式会社
〒654-0121
兵庫県神戸市須磨区妙法寺地子田1038-2
アクセスマップ
総合受付フリーダイヤル:0120-350-032
無料見積り・資料請求・お問い合わせ